まごころ

2006年08月07日

スポンサードリンク

久し振りに

中村天風一日一話より

 

「まごころ」の尊さ

ちょっと一杯の茶を出すのでも、

「ハイ」と返事をするような些細な行為でも、

そのとき、何の報償をも念頭に置かず、

すなわちその人に気に入られようとか、あるいは

好感を持たせようとかいうような気持ちではなく、

そこに一点何の求むものなき、純一無雑な「心」で

それが行なわれる時、その行為から、

形容のできない温かいものを感じる。

それはすなわち「まごころ」というものの持つ尊さの感応である。

 

いかがでしょうか、最近「まごころ」なんて死語になっていませんか。

 

お忙しい中お立ち寄り頂きありがとうございます

人気ブログランキング」よろしくお願い致します。



naocyann0820 at 20:25コメント(13)トラックバック(0) 

ご訪問ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。応援よろしくお願い致します











Profile
  • ライブドアブログ