成功するための心構え

2006年01月14日

スポンサードリンク

今朝も8時からテニスをしてきました。

昨日の天気予報では朝から雨でしたので無理かと思っていましたが

何とかもってくれました。

やはり今日は少し温かいですね、先週より汗を多くかきました。

積雪のある地方の方は融雪に氣をつけてください。

先日の退職の話から思い出したことがあります。

それは松下幸之助さんの話です。

松下さんは、松下政経塾を設立され、晩年もその面接には

かかわれていたそうです。

その面接の時、受験される人が入ってくる時の姿よりも部屋を出て行く

姿に注目をされていたそうです。

その訳を聞くと「人は入ってくる時はよそ行きの姿で入ってくるが

部屋を出て行くときに、その人の本来の姿を出すもんだ」

こんな事を言われたそうです。

例えば旅館やホテルなどに泊まったお客さん、どんなにきれいに

着飾っていてもチェックアウトした部屋を見ればその人の人柄が

解りますよね。「飛ぶ鳥跡を濁さず」なんて言葉がありますが

本来その人が持っているものがそういう時に出るんですね。

 

サー、これから道場に行ってきます。

夕方には雷がなって雨が強く降るそうです。

寒暖の差が大きいようです、みなさんも風邪など引かないよう氣を付けて下さい

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキング」最後にポチッとお願いいたします。

 



naocyann0820 at 12:25コメント(16)トラックバック(0) 

2006年01月08日

新春の道場
昨日は私が昨年2月から週に一度だけですが通って学ばせて頂いている道場の鏡開き式に参加してきました。

毎週この道場に来ますと、皆さんの

「氣」を受け取るため元氣をいただきます。

本当に、不思議な物だと思います。

人間何事も氣の持ちようだと

よく言われますよね。

その「氣」の持ちようによって人間は変われるんです。

昨日も館長から良い話をお聞きしてきました。

 

最近日本は寒波に覆われ各地で大雪などの被害が出ています。

勿論、これは気象学的には色々な原因はあるんでしょう。

でも、視点を変えてみたら天地が我々にもっと「温め合いなさい」と

示唆しているのではないでしょうか?

親が子を殺したり子が親を殺したり、幼児を殺したり悲惨な事件が

多くおきるのは人の心が冷えているからなのではないでしょうか

だから天地は「もっと温め合いなさい、温かい心を持ちなさい」と

そう言っているのではないでしょうか。

温かい心を持って人と接しましょう。

他人を元氣にしてあげましょう、人の心を温かく出来るようになりましょう。

 

こんなお話を聞いてきました。

確かに私もそうでしたが最近は自分さえ良ければそれで良い

そんな風潮が支配的ですよね。勝ち組負け組みなんて発想も

そんなところから来ているのではないでしょうか?

去年八月に「無財の七施」というものを学びこのブログでもご紹介させて頂きましたがそんな教えはほとんど無きに等しくなっているような氣がします。

私もまだまだ学ばなければならない事が山積している人間ですが

「温かい心」を持つ人間になりたいと思いました。

多くの方がこの事に氣がついて心掛けるだけでも世の中温かい方向へ

進んで行くのではないかと思います。

 

人気ブログランキング」貴重なワンクリックよろしくお願いいたします。

今日も最後までご覧頂きありがとうございます。

 



naocyann0820 at 12:22コメント(18)トラックバック(0) 

2006年01月05日

MIKIMOTOB
以前工事中の写真をご紹

介しましたが今日久しぶり

に通ったらこんな感じに完

成していました。

やはり、MIKIMOTOの化粧品などブティック部門のようでした。

でもなんとなく夢のある建物ですね。

 

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか?

私も今日から始動です。

朝から年始のあいさつ回りで得意先へ行って来ましたが、今日は寒かったです

東京は朝から曇り空で年始品を入れた紙袋を持つ手がこごえてしまいました。

そんな中この写真の建物を見てなんとも夢のある建物だなと思いました。

去年の暮れから子供が犠牲になる暗く悲惨なニュースが多かったですよね。

新聞、テレビ、ラジオなどのマスメディアは希少性のあるニュースだから

報道するのでしょうが、聴いたり見たりする我々は心が重くなります。

以前聞いた話ですが1930年代の大恐慌の時、当時のアメリカの大統領

ルーズベルトは報道統制をして暗いニュースは報道しないように

したらしいですね。そして「今日はいいニュースが有ります」

といって夢のある明るいニュースだけを流したそうです。

そうすることで全米の国民の士気を上げて行ったということを

聞きました。

もちろん、現代にはこのような言論統制など出来るはずはありませんが

我々が自分で制限する事は出来るんですね。

暗い話や悲惨なニュースはどうしてもマイナスな感情になります。

一生懸命勉強してプラス思考に持っていこうとしているのに

一方でニュースなどからマイナスの考えを入れては意味無い訳です。

ですからいままでどうしても営業的な観点から話題に事欠かないようにと

ニュースにはなるべく注意をして取り入れてきましたが

私は今年からなるべく暗いニュースには無頓着になろうと決めました。

それよりも明るい話題に注意を向けていこうと思います。

その方が自分にとってもプラスになる氣がします。

去年習った「ありがとう」を多く言ってプラスの氣持ちを今年は持ち続けるように

していきたいと思います。

 

今日もお忙しい中お立ち寄り頂きありがとうございました。

人気ブログランキング」プラスの氣持ちでワンクリックよろしく

お願い致します。ありがとうございます。

 

 

 

 



naocyann0820 at 17:35コメント(35)トラックバック(1) 

2006年01月03日

紫陽花の新芽
まだ寒い冬の日

我が家の猫の額より

狭い庭の植え込みに

紫陽花の新芽が顔を

出していました。

 

春が来ない冬は無いと言います。

朝の来ない夜はないといいます。

どんなに寒い冬でも着実に春の足音が近づいているんですね。

旅の始まりはその旅行の予定を立てるところから始まるといいます。

旅の目的は観光地などその目的地だけでなくガイドブックを見たり

地図を見たりその旅行の計画を練るところから始まるといいます。

年の始まりはその計画を練るところから始まるんですね。

成功への始まりはその計画を練ることから始まるのですね。

目的地は成功だけでは有りません。

そこへたどり着くまでの工程、過程も楽しみの始まりなんですね。

成功への夢を見ながらワクワクと計画を練りたいですね。

そんな年の初めに中村天風師の一文をご紹介させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

やらなければダメだよ、何だって。

やればできるんだから。

俺は不器用だとか、俺は物覚えが悪いだとか、

それがいけないんだよ。

たとえ不器用だろうと物覚えが悪かろうと、

十篇やって覚えなかったら百篇やってみろ。

百篇やって覚えなかったら千篇やれ、

そしたら覚えるから。

どんなことでも、できないことほど、

できると尊いことなんだから一生懸命やれよ。

そうすると、だんだんだんだん自分の生活自体が、

自分の理想や希望に近い状態になってくる。

------------------------------------------------中村天風一日一話より

「やればできる」んですね。

旅行のプランを立てるように楽しみながら理想に近づきたいですね。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

人気ブログランキング」一日一遍クリックお付き合いよろしくお願いいたします

ありがとうございました。

 



naocyann0820 at 10:49コメント(34)トラックバック(0) 

2005年12月30日

可愛い正月飾り
可愛い正月飾りですね

昨日築地場外に取材に行った時花屋さんの店先に飾ってありました。

ちなみにこの花屋さんは王監督がハンクアーロンノのホームラン記録を破った時、記念の花ボードを作ったお店です。

さて、いよいよ今年も大詰めですね。

2005年も今日と明日だけになりました。振り返ってみていかがでしたか。

今年を踏み台にして来年はもっとすばらしい年にしたいですよね。

その為にも是非中村天風師の下記の一文をご紹介したいと思います。

 

『正しい真理の上から厳粛に言えば

人間とは「感情の動物」ではなく「感情を統御し得る生物」です。

これが本当の人間の姿であります。

しかるに、この本当の人間の姿だという真理の上から

厳しくあなた方の人生生活を考えてごらんなさい。

感情を統御するどころか、しょっちゅう感情に追い回されていないだろうか』

 

いかがですか、私はいつも感情に振り回されていたように思います。

忙しければ苛立ち、暇だったら暇を嘆き

新しい事に手を染めてみたり、すぐあきらめてみたり。

右往左往する事が多かったように思います。

一つの目標を定めそれに向かって一途に進むそれに欠けていたようです。

そんな反省を込めて来年の目標は

今年一年目標にして来たことの上に立った目標を立てるように

したいと考えています。

それには今日から1週間の正月休みを大切にしていかねばいけませんね。

感情の動物も大切ですが感情に振り回されない自分になりたいと思いました。

 

本日も歳末のお忙しい時にご訪問お立ち寄りいただきましてありがとうございます。

人気ブログランキング」に振り回されています、清き一押しよろしく

お願いいたします。ありがとうございます。

 



naocyann0820 at 14:30コメント(21)トラックバック(3) 

2005年12月28日

今日は官庁などの仕事納めですね。

皆さんはいかがですか?私は明日まで仕事です。

ところで今年もいよいよ残すところ今日を含めて4日ですね。

皆さんにとって良い1年でしたか。

よいことばかりの一年だったという方はすばらしかったですね。

多くの方がよいことも有ったけど頭を下げなければならないこともあったでしょう、

でも、その頭の下げ方一つで解決する時もありますが、かえって

相手の怒りが増すこともあるんですね。

そこでこの年末からお正月に掛けてちょっと試してみて頂きたいことがあります

それは頭の下げ方です、先日道場で習ってきた事ですが

正座をして座り左前に誰か奥さんでも友達でも構いません座っていただき

胸を押してもらいます。要するにそのまま頭を下げようとしても

相手の腕が邪魔になって普通にやってはお辞儀が出来ません。

ところが、心をこめて本当に謝る氣持ちをもって頭を下げると

胸を押して座っている人を簡単に倒す事ができるんです。

そのような頭の下げ方をすれば災いを持って福となす事が出来るかも

知れませんし、そんなことが無くとも普段からそのような頭の下げ方を

していればきっと良好な関係が築かれる事請け合いだと思います。

お時間のある時にものは試しとやってみて下さい。

私の練習した経験からすると視線、目線の使い方のような氣が

しました。文字通り目を伏せて心を込めて頭を下げる。

是非やってみて下さい。

お辞儀一つにしても氣を入れて心を込めると違いがでるんですね。

 

今日も、年末のお忙しい時にお立ち寄り頂き本当にありがとうございます。

人気ブログランキング」下降しています。是非とも一押しよろしくお願い致します



naocyann0820 at 09:24コメント(31)トラックバック(0) 

2005年12月22日

MIKIMOTOツリー
銀座のツリーとしては代表的な

MIKIMOTOのツリーですが

色が無いので余り綺麗に見えませんね。

 

先日、私が一人で事務所にいると

ピンポーンとなりました。

多分飛び込みセールスだろうと

解ったのですがドアを開けると

若い男性のセールスマンが立っていました。

マンションの事務所なので飛び込みセールスは非常に多くやってきます。

そしてお決まりのように「今お使いの回線の・・・・・」としゃべり始めました。

この手の売込みが毎日のようにやって来ます。

しかし、先日来たセールスの人は私から見て頭はボサボサ、ネクタイは

弛んだまま、さらに黒いハーフコートは着たまま、申し訳ないけど

話を聞く氣にもなりませんでした。

例え飛び込み営業で断られて当たり前と本人は思って数だけこなせば

よいと思っているのか良く解りませんがお客さんを訪問するには

それなりの態度や服装というものがあっても良いと思うのですが

彼の場合は初めからそんな思いが全然伝わってきませんでした。

良く言われる事ですが人の印象はこの割合で決まるそうです。

言葉・・・・・7パーセント

声の調子・・38パーセント

身だしなみ、態度・・・55パーセント

話の内容より話し方、話し方より話す態度、身だしなみ、表情がより印象を

左右するんですね。

その観点からすれば先日の営業マンは自分から印象を悪くしていると

言っても良い部類でした。

私も営業の一人ですからかえって、いやより一層「出直してきなさい」

って氣持ちになったのかもしれません。

若い人のファッション云々という事もありますが

人に氣持ちよく受け入れてもらえる服装って有りますよね。

第一印象大事にしたいと思います。

 

今日もお立ち寄りいただきましてありがとうございます。

襟を正してクリックお待ちしています。「人気ブログランキング」ポチッと

よろしくお願い致します。下降気味です!!!!!



naocyann0820 at 13:34コメント(16)トラックバック(0) 

2005年12月15日

出番を待つサンタ
赤いポインセチアの奥に出番を待つサンタが隠れていました。

 

 

今日は最初に

「中村天風一日一話」から

ご紹介させていただきます。

「現代の人間は良いことを聞いても、良いなあと思って感激はしても、

それが本当に自分の心のものにならないのは、

心の中に大事な信念というものが

知らず知らずのうちに、欠如しているからなのである。

欠如しているというより、むしろ下積みになっているといおう。

ともあれ、信念の力というものは、実に諸事万事を完全にする

根本的な要素なのである。」

いかがでしょうか、思い当たる節が私にはあります。

日々信念を持って過してきたかというと疑問符を付けざるをえません。

最近はそれでも信念らしきものを持ち始めていますが、

まだまだでしょう。

それで、強い信念を持つにはどうしたらよいかというと次のような流れになるようです。

1、言葉の力・・プラスの言葉で夢・願望を唱える

2、習慣の力・・一回思っただけでなく毎日繰り返して唱える。

3、心象、想いの力・・成功している場面を心の中に描き願望を潜在意識に送り              

             込む。

このように、思いを強い信念に変えていくことで「成功のサイクル」が出来上がると言います。

昨日の「アイスクリーム早く食べないととけちゃうよ」と通じますね。

「思考は現実化する」、「人は思ったとおりの人間になる」等多くの方が

読んだり聞いたりされていると思いますがただ考えている、思っている

これからもう一段階「信念」まで持っていく必要があるみたいですね。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキング」信念の力でワンクリックよろしくお願い致します。

            



naocyann0820 at 11:35コメント(33)トラックバック(0) 

2005年12月14日

並木通り
銀座並木通り

知らなくても良い事ですがこの写真の先7、8丁目がいわゆる夜の銀座といわれる所です。

ブランドショップも沢山あります。今の季節夜は相当混雑しているんだろうな。

 

「アイスクリーム早く食べないととけちゃうよ」

突然こんなタイトルを書くと「なんのこっちゃ」と思われる方がいると思います。

このブログは何でも思うことを書かせていただいていますのでお許し下さい。

実はこれはあるオーディオテープを聴いていてそこで言われていた事です。

棒に付いた昔からあるアイスキャンディありますよね。皆さんも一度は

食べた事あると思います。このアイスキャンディを食べる時何時も

「早く食べないととけちゃうよ」って言われていたかと思います。

そこで、このオーディオテープは質問をしていました。

「どうしてアイスキャンディはとけるのでしょうか」

あなたならなんと答えますか?外気温とアイスキャンディとの温度差と

私は考えました。ところが、正解は

「早く食べないから」だそうです。?   解りますか?

当たり前ですよね、でも正解は

「子供の頃からお母さんに早く食べないとけちゃうよ」って

何度となく言われているにもかかわらず、それが身についていない

という事だそうです。

知識として知っているだけではダメですよ。身についていませんよ。

もっと知識を知恵にしてくださいよって事です。

それともう一つ、

「早く食べなさい」

これは「早く実行に移しなさい」

こういう教えでもあるということです。

いかがでしょうか?

アイスクリーム早く食べないととけちゃうよ

この一言重くないですか?

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

人気ブログランキング」クリック早くしないと落ちちゃうよ!!

失礼致しました。



naocyann0820 at 09:57コメント(19)トラックバック(0) 

2005年12月09日

行列
昨日は大安吉日だったんですね。

有楽町マリオン前に長蛇の列、何の列かというと宝くじを買う人の列です。銀座チャンスセンターをご存じの方は想像できると思いますが200メートル以上の列でした。

昨日ハルさんのブログ49歳からのチャレンジ、八桁のお金を生み出す器になる!にお邪魔して驚いたことがありました。

それは、「清貧」という言葉をご存じない方がいらしたという現実です。

1980年代にはよく使われていた言葉だと思います。

その言葉を最近確かに聴かなくなりました。死語になってしまったのでしょうか。

その当時、臨時行政調査会の会長だった土光敏夫という方が「清貧」の

象徴のように言われていました。いま、ネットで調べましたが氏の年収は

当時5100万円だったそうです。その年収の中から母親が開校した橘学園に

3500万円を寄付し税金や寄付を除いた後に手元に残るお金は年100万円

程度だったそうです。経団連の会長が月額8万円の生活をしていたわけです。

当時、その食生活が報じられ話題になったことを私も覚えています。

夕食のおかずがメザシ一匹に梅干、キャベツの外側の葉それに大根の葉

裏の畑でかぶる帽子は拾い物、ズボンのベルトは古くなったネクタイ。

そんな感じでした、石川播磨重工、東芝などを再建して再建屋とも呼ばれた人の

あまりにも質素な生活ぶりを見て国民の多くが驚きました。

その印象があるものですから「清貧」という言葉が死語になっているとは正直

ビックリしました。

バブルの時代を過ぎ飽食の時代を経験した身にはつつましい生活という観念

は忘れ去られたものになったのでしょうか。

世界中を見渡せば多くの国でまだまだ十分な食料が行き渡っていない所が沢山あります。

「清貧」という言葉を押し付ける氣はありませんがもう一度思い出してみても良いのかな感じました。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

人気ブログランキング」一押しよろしくお願い致します。

 



naocyann0820 at 11:33コメント(43)トラックバック(1) 

ご訪問ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。応援よろしくお願い致します











Profile
  • ライブドアブログ